電子カルテ、薬剤管理指導ソリューション、運用サポート リンク会社概要
株式会社ナノメディカル
トップページ ニュース 製品・サービス 企業情報 採用情報 個人情報保護方針 リンク お問い合わせ
 
医療ソリューションのナノメディカル > MediStep21
MediStep21
MediStep21シリーズ「薬剤管理指導業務総合支援システム」は、日本病院薬剤師会・学術小委員会が行った「薬剤管理指導業務支援システムの調査・研究」の成果をもとに、ナノメディカルが具体的なシステムを開発しました。

病院薬剤師が求める機能を装備し、薬学的管理、薬歴作成、薬剤情報提供などの総合的な支援により、業務を効率化し、服薬指導時間を確保できます。
より質の高い安全な医療サービス、薬学的サービス提供のために、MediStep21シリーズ「薬剤管理指導業務総合支援システム」の導入をぜひご検討ください。

薬剤管理指導業務のシステム化
患者へのサービス向上
・入院患者が安心して薬を使えるように、薬の説明や副作用のモニタが可能となります。
・患者のための薬学的管理や服薬指導の質的向上を図れます。
・緊急安全性情報、重大な副作用情報が発生した際に、服薬している患者をスピーディに検索できます。
・システム化により、薬歴や記録類などの作成時間が軽減でき、確保できた時間を服薬指導(ラウンド)の時間にシフトできます。
・服薬指導時間の確保は、実施件数の増大につながり、薬剤管理指導業務料による増収が図れます。
・より多くの医療収入を得るためにはIT化による業務の効率化が必要です。
チーム医療を推進
服薬指導活動情報が医師・看護師と共有でき、薬剤師業務の周知度、評価が高まります。
入退院までの流れ
特徴
日本病院薬剤師会・学術委員会監修
委員会での検討結果を基に、現在の薬剤管理指導業務の範囲拡大に伴う新たなニーズに対応するために、新支援機能を装備しています。
電子記録ガイドラインを遵守
・服薬指導の記録者を明確にし、更新履歴を経時的に管理します。
・すべての記録データを瞬時に参照でき必要に応じ印刷できます。
・すべての薬歴、服薬指導記録のデータおよび印刷の履歴データを半永久的に管理できます。システム管理者の責任によりバックアップし運用できます。
リスクマネージメントをサポート
・処方監査機能として、OTCと医療用薬品の相互作用、診断病名禁忌薬、個人アレルギー禁忌薬、併用禁忌薬、相互作用、重複投与、最大投与量、最大投与日数、食品との相互作用薬の自動チェックが可能です。
・服用薬剤の副作用初期症状リストをもとにラウンド活動が可能です。
・クリニカルパス対応機能、危険薬(抗悪性腫瘍薬、糖尿病薬、ワーファリン、ジキタリス剤)投与患者管理機能があります。
・緊急安全性情報および副作用情報の薬品を服用している患者を探すための機能、汎用的な各種条件指定から患者を探す機能があります。
 
システムの拡張性
さまざまな医療用システムとの連携が可能
・電子カルテ・オーダーリングシステム
・調剤機器制御システム
・在庫管理システム
 
トップページ さまざまな帳票出力 基本機能 オプション
 
Copyright(C) 2006-2017 NANO medical corporation